借入先の違いを比較!自分にあった借入先の選び方

使途が決まっているなら銀行や信用金庫がおすすめ

借入によって必要なお金を入手できることはメリットですが、金利によって発生する利息を上乗せして返済することになるデメリットがあるので、両方を理解して納得できた場合に申し込みを行いましょう 借入が可能な金融機関は色々あるので、違いを比較してベストな借入先を選ぶことが大事です。住宅や車の購入資金、子供が専門学校や大学へ進学するための教育資金のように使途がはっきりと決まっている場合は、銀行や信用金庫を借入先に検討すべきです。 住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどのように使途別のローン商品があります。他の目的に使用することはできませんが、その分金利は低く抑えられているので大きな金額の借入でも決断しやすいです。

自由に使用できるお金を借りたいなら消費者金融を利用しましょう

住宅ローンやマイカーローンのように使途が決まっている場合ではなく、自由に使用できるお金を借りたい時は消費者金融を活用しましょう。キャッシングやカードローンで引き出した現金は、ブランド品の購入に充てたり、日常的な買い物に使用したりなど、働いて稼いだ給料に近い感覚で利用できます。
ただ、好きなように使用できるメリットがある一方で、使途が決まっているローンよりも金利は高くなっています。そのため、借入する金額が大きいほど利息が多くなるので、返済で困らないように計画を立てることが重要です。
借入可能な金額の上限は必ずしも希望が通るとは限りません。ただ、雇用形態が変わったり、収入が増えたりすれば高くできるチャンスがあります。