借入のデメリット

利息を上乗せして返さなければならない

お金を借り入れる場合のデメリットとしてどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、基本的に利息を上乗せする形で返済しなければならないということが挙げられます。そのため、トータルの返済額は借りた金額よりも多くなります。ただ、一部のカードローン会社を利用すると一定の条件を満たすことで利率0パーセントでお金を借りることができるので、そういったところを上手に利用すればデメリットは少なくなるといえるでしょう。 企業からお金を借りた場合、返済期限をタイトに設定されるというのもデメリットの一つです。毎月同じ日に返済するという契約でお金を借りた場合、ある月の収入がまったくなくてもなんとかお金を用意して返済しないと、後々、訴えられたり、差し押さえられてしまう可能性があります。

返済を遅らせると社会的な信用が下がってしまう

ケースによっては社会的な信用を落とす可能性があるのもお金を借り入れる場合のデメリットです。具体的なケースとしては、返済を遅らせた場合が挙げられます。たとえば、カードローン会社に対して返済を遅らせた場合、勤務先に督促の電話がかかってくることがあります。基本的に、カードローン会社は債務者以外に自身がカードローン会社であると名乗ることは少ないですが、いつまでも返済しないと毎日督促の電話をかけてくるので、ばれてしまう確率が上がりますし、ばれれば周囲からだらしない人間だと思われてしまうでしょう。 また、返済を遅らせると、クレジットカードの申し込みが否決されるようになるなどの影響が出る恐れもあるので注意しなければなりません。